放浪日記

旅のこと、音楽のこと、好きな小説のことなどについて書いてます。

PMS治療の開始

年内の国外旅行の予定は先日の香港で終わり、
ちょっと落ち着いてきたのでようやく婦人科に行き、PMS(月経前症候群)の治療を
はじめることになりました。

まさか問診だけじゃなく、内診もあるのかなー。。
と不安になり(女性で内診経験のある方ならおわかりいただけると思いますが、あれ本っっ当に苦痛なんで。)
ネットで色々見てましたが、PMSの治療なら
問診だけでことたりるような?!
と淡い期待を抱いていきましたが、
やっぱり問診のあと普通に内診台にのせられることになりましたorz笑
まぁいい加減検診行かないとなぁとは思ってはいたし、とても対応の良い病院だったので良かったんですけどね。。
私の場合は生理痛もひどいことを伝えたので、その痛みが別の疾患から来てないかどうか
ちゃんと調べるためでもあったわけですが、
とくに異常はないそうで安心しました(^-^)/
(ちなみに尿検査もありました)

んで、PMSの治療といったらだいたい
低用量ピルか漢方薬あたりを処方されることが多いと思うんですが
私の場合は低用量ピルの“ヤーズ配合錠”というものを
処方してもらいました!
ピルにも色々種類があって、こちらが比較的副作用が出にくいようなことと、
日本では他のピルのような“避妊薬”としてではなく、月経困難症への治療のみ処方が認められているので
完全に保険適用になるとこが良いかなーと。

先生も副作用とかについてとても丁寧に
教えてくれる方だったので良かったです(つД`)

病院の方針として、生理は女性誰にでも
多かれ少なかれ何らかの影響を及ぼしてるので
人に危害でも加えるレベルでなければ治療はしないと
いうところも少なからずあるみたいなんですが、
私は本当にきつい思いをしてるなら、すぐに病院を変えて他のお医者さんに見てもらった方がいいという考えです!(最初はHP見たりして、どういう治療をやってるかなど確認した方が安心かもですね♪)

薬を飲み出すタイミングは月経が始まる時からがスタートなので、
とりあえずそれまでは漢方を飲みます!

何か変化などあればまたこちらにて☆