横山健とマギーの不倫報道について思うこと

健さんとマギーのことがFRIDAYに載ってから
数日、
この件に関して二人からは今のところとくにコメントはなく、
マギーちゃんもいつも通りな感じでSNSを更新しはじめてたので横山健のファンとして思ったことを少し書いておきます。

まず、この件に関して何も触れないのは色んな事情があったのかもしれませんし
真相がどうなのかわからない状態で
誹謗中傷の言葉を浴びせるのは本当にやめてほしいです。

私はこの記事のことを知った一番はじめの感想は
「多分嘘だろーな」という軽い気持ちだったため
ショックも全くない感じでした。
ただ、もし本当だったとしたら私はもしかすると今までのように応援は出来ないかもしれません。。

もし、これが仮に横山健でなく私が好きな他の芸能人やバンドマンだったら、
本当に不倫をしていたとしてもあんまりショックは受けないと思います。
誰でも間違いだってありますし、私も人に言えないようなことだって今まで沢山してきてしまいましたし。( 人様の事をとやかく言う前に自分がこんな娘であることを親に謝った方がいいと心から思うww )


ただ、健さんの場合は、私はその人間性に惹かれてる部分があるので正直ショックです。
他の健さんのファンの方も、同じく音楽はもちろん彼の発言や思想があって惹かれてるって人は
男女問わずとても多いと思いますので、私の気持ちに同感していただける方も少なくはないのではと勝手に感じています。

今までずっとパンクロックのこと、日本の在り方やこれからのこと、
そして何より家族、子供に対する愛情について沢山沢山言及してきた人だからこそ、
こんな記事出たなんてはっきり言ってくそダサいと思います。
、、記事の内容がホントだったらねw

そしてやっぱりどう考えてもこんな記事嘘やろと思えてしまう訳ですが。

健さんのコラム「横山健の別に危なくないコラム」にて
彼は去年こんなことを書いていました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オレは、あの手この手で、皆さんの気を引くようにやっていく。
 これは2010年の幕張メッセでやった「Dead at Bayarea」で放った一言だ。
 あの時と全く気持ちは変わっていない。
 
 武道館が終わったので一区切りついた感は、確かにある。
 でもそれはただの「一区切り感」なだけだ。
 それすなわち、燃え尽きたわけでは全くない。
 物を作る人は一生懸命物を作って、物を売る人は一生懸命物を売って欲しい。
 オレはこれからも、体力と気力の続く限り、自分の心に正直に音楽を鳴らし、刺激的な存在でいるように努め、皆さんの気を引くように、皆さんの視界に入っていくようにやっていく。
 まだまだ見てて欲しい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これは武道館公演が終わった去年の4月に書かれたものです。
健さんのコラムは普段からしょっちゅー読んでますが、
↑のくだりは去年のコラムの中でも、特にファンで良かったと思わせてくれた文章でした。
この人はまだまだ面白いことをやってくれるんだと
子供のようにワクワクしましたし、
自分も負けじと好きなことを一生懸命やっていこうと素直にそう思わせてくれました。

そして同じく去年のハイスタ16年ぶりの新曲ゲリラ発売。
すごすぎて言葉にならず。
その日Twitterはその事でいっぱい埋まりまくっていたし、ハイスタのファンではない人からも
「なんか凄いね、ハイスタ」と言われたくらいでした。

“どうせ勝つならその勝ち方にもこだわるのがHi-STANDARDだったんだよね”
健さんの言葉通りのハイスタはまだまだ健在でした。


皆をどうすれば魅了出来るかあの手この手で私たちの視界にあらわれ、
“まだまだ見てて欲しい”と言う人間がホントにこんなことで
“皆さんの気をひいて”いたかったのかな?
健さんがあんなくだらない記事で人の注目を浴びたりするのは
やっぱり不本意ではないと思うし、そうならないような行動を取っていると信じてしまうのは
ファンとしてはやっぱりキレイごとの世界なんでしょーかねー?!💦
なんかよくわからない部分もありますし
私も人間なので意見が変わることもあるかもしれませんが、
なんだか腑に落ちない部分が多かったので
今思ってる素直な気持ちを書いてみました!
パンクなんだから関係ない、音楽だけ聞いてろって思う人もいるでしょーが
中身のないパンクロックなら私はいらんかなー。。


また気が向いたら更新します!