世界放浪旅日記

旅先で見つけたマイノリティな人々のことなどについて書いてます。

自殺について考える

このワイドナショーでの松本人志さんの意見には、とても賛同できたので、色々ネットの評判みてたら、結構叩いてる人も多くて驚いてしまった。

反対意見の中では、それだけ追いつめられていたし、まだ判断ができなくてもおかしくない年齢という意見が多かったような印象でした。

もちろんその意見もわかるし、生きるのはそんな簡単なことではないのも知ってるつもりだし、もし違約金払え云々の話が本当なら社長のことも絶対許せないけど、
それで終わらせてしまったら、いつまで経っても日本の若者の自殺は増えるばかりではと思いました。

松本さんの意見は、決して根性論ではなくて、もっと若い人たちに教えていかないといけないことがあるのではっていう広い意味での大事な問題提起だと思ったし、自殺したこのアイドルの子や、親族の方への配慮も充分感じられたけどな。
“負け”という言葉が悪かったのかなー


私も、知人が自殺で亡くなった際のショックは何年経っても忘れることが出来ません。
悲しいといっても親族じゃないんだからと言われればそれまでかもしれませんが。でも、やっぱりショックでした。
なので、やっぱりこの手のニュースは熱くなってしまうのでした。

今日はここまで。それではまた!


【追記】松本さんが、この件についてまたTwitterに書いてたので追記です。
そのままの意見言い続けてもらっていいと思う!
そして反対意見もあっていいと思う。むしろ反対意見の人の気持ちもよくわかる。自殺するまえに物事の判断出来ないくらい追いつめられてて、心の病気になっている場合もたくさんあるだろうし。

でも、松本さんくらい有名な人が自殺のことに言及すること自体が、色んな人が考えるきっかけになるからどんどん意見を言ってほしい。