世界放浪旅日記

旅先で見つけたマイノリティな人々のことなどについて書いてます。

Creepという曲が持つ破壊力


Radiohead - Creep, Live (Rare) '94
若っw
Radioheadの楽曲“Creep”
ファンにとっては、この曲がとても好きという人もいれば大嫌いという人もたくさんいるでしょう。
この曲の歴史について、今さら私がひけらかす知識なんてものは、当然特にありませんが、良くも悪くもRadioheadの楽曲の中で、一番有名な曲であることは間違いないかと思います。

嫌いな方の中には、こんな正統派なラブソングはロックでやる必要がないといった、ある種のアレルギーのようなものを感じる方も多いんだとは思いますが、
私はこのCreepという曲が今でもとても好きですし、それまで、洋楽といったら雰囲気のかっこよさ重視だった私にとって、はじめて洋楽の歌詞にも興味を持つことが出来た楽曲といっても過言ではありません。

まー簡潔にいうと、劣等感だらけの人間が高嶺の花である存在に恋をしてしまっているという内容の曲なんですが、相手を目の前にして、惹かれてはいるものの、相手が素敵すぎる故に感じる圧倒的敗北感だとか、当時私が聞いていた洋楽には全く感じたことのなかった共感できる世界観が衝撃的でした!
へぇー!こんなロックスターでもこんな庶民の私と同じような気持ちになったりするのか?!みたいな感じでww


そんなこんなで、なんでこんなこと書いているかというと、
今まさに私自身がその敗北感でいっぱいになっている最中だったりでこんなことをタラタラ綴っているってだけの話なんですがw


2人で話した内容を、後で何度も思い返したりしちゃークラクラしたりニヤけたりして(キモw)、でも向こうが素敵すぎて突如襲ってくる自分のことがすんごい嫌になる感じ。
ホントにトムヨークだって若い頃はこんな感情に襲われたことあるんかな?
先に進まないと何も変われないのはわかってるだけど、もうちょっとだけCreepの世界に浸らせててと思う今日この頃。
少しでも良い感じの女性になれるように努力しないとだなー😩